ハクビシンの対策は自分で練るよりプロに任せよう

作業員

アシナガバチの対処法

家

私たちの身の回りにはたくさんの虫がいます。その中でも人に危害を加える可能性のある虫には注意が必要です。私たちが危険を感じる虫の中にハチがいますが、スズメバチによく似たアシナガバチは人家付近に巣を作ることの多い種類で注意が必要です。アシナガバチの巣は、家の軒下や、地上から1mほどのところに作られることがあります。害虫を獲ってくれるハチではありますが、人の出入りする場所付近では刺傷事故も多くなります。アシナガバチの巣を自分で駆除する場合には、いくつか注意点があります。働きバチが活動を休む夜間に行うこと、袖や裾の長い服を着ること、殺虫剤や水で巣からハチを追い出す際は出来るだけ離れた場所から行うことなどです。アシナガバチは一度巣から追い出しても同じ場所に戻ってくることがあるため、アシナガバチの巣を撤去した跡は殺虫剤や忌避剤をまいておきましょう。

目につきやすいところは危険も伴いますが駆除しやすい場所でもあります。厄介なのは二階建ての家の軒先や蔵の天井付近、また床下など作業しにくい場所にアシナガバチの巣がある場合です。しかも夏場に働きバチが増えて活動が盛んになる頃にようやく発見する場合もあり、駆除には危険が伴います。小さな体のハチですが、刺されるとアレルギー反応により重症になることもあるので、こうした場合にはハチの駆除専門業者に相談するのが安心です。専門業者では高いところや狭いところに対応できる機材の準備や防護服での刺傷予防も完璧ですので、無理に自分で対応しようとせず、駆除・撤去をお願いしましょう。専門業者と言っても対応は様々あります。事前連絡の際に、現地確認や見積りをしてもらえるか、巣の撤去後にハチが戻らないか確認・対処してくれるか、清掃もお任せできるかなど、気になることを聞いておくとより安心できます。